日替わりコラム
光明思想
 来月、久しぶりに炭焼きをするので、森林保全のための間伐を行いました。森は間伐などの手入れをすることで生きてきます。木を切ったところから光が差し込み、新たな木が伸びてきます。木を切らせて頂く際は、木に挨拶をします。木に語りかけながら間伐を行うとケガなどもなく、スムーズに作業が進みます。ありがたい事です。木々の間からお日様の光が差し込むと、とてもキレイで、生命は光の方向に伸びて行くことを体で感じました。

 生長の家は光明思想を実践するところに素晴らしさがあり、日時計主義の生き方が生活に、当たり前に生きて来なければ価値がありません。年始めに、ある神社でおみくじを引きましたら、「半吉」なるものが出ました。半吉は初めてで、半分の吉に少しがっかりでしたが、フト、光明思想を思い出しました。半分も吉がある。有り難い。この一年、見方を変えて、光明思想で生きようと思った次第でした。

 有り難い どこもかしこも 幸多き
 
文・写真:日向 光春1月21日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151