日替わりコラム
心晴れ晴れ
昨日まで、第142回長寿ホーム練成会が開催されました。テーマ「いのち輝く 永遠の25才」のもと、明るく、元気よく、楽しく、すべての行事が滞りなく行われました。
 70代・80代の皆様が中心の練成会にもかかわらず、本当に皆様お元気で、献労では霊宮周囲の草取りを行いました。もっと献労をしたいと皆様仰ってました。本当に神の子25才のいのちが輝いていました。
 自然と共に伸びる生活をしておりますと、時として自然の脅威にさらされることもあります。龍宮住吉本宮練成会3日目、霊宮から下に降りる山道で掃き掃除をしておりましたら、大スズメバチに刺されました。「感謝して献労していたら蜂には刺されません」と、言っている私が見事に刺されました。
 大自然讃歌には、自然界は「生存競争・適者生存」の用語に惑わされてはいけないと書かれています。自然界は共生であり、「生かし合いと棲み分けによって多様な生態系を築き上げしこと」です。私が刺されてしまったのも、棲み分けを行っている事を学びました。大スズメバチにとっては、ホウキで掃き掃除をする私は脅威であったと思います。お互いに、折り合いをつけて、共に伸びて行く方向を目指したいと思います。
 実は、先月も刺されていて、先月は黄色スズメバチでした。どちらのハチも腫れますが、大スズメバチの方が腫れました。これも身体をはっての学びです。
そして、現象世界はアラワレて消え行く世界であり、もう腫れも引いて、心晴れ晴れです。アラワレ消え行く姿にとらわれず、刺される時は刺されるが良いと受け止めて、すべてに感謝です。

 ハチ刺され 腕は腫れ腫れ 心晴れ晴れ


文:日向 光春9月11日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151