日替わりコラム
先日行われた、第306回境内地献労練成会の昼休みのことです。昼食は外でお弁当をいただくのですが、お弁当よりこぼれた鮭のひと欠片を1匹のアリがすかさず運びだしました。自分の体よりも数倍もあるだろう鮭を、何度もアゴから外れながらも、運ぶ姿は正に「一所懸命」でした。個が全体のために挺身するその姿は美しく、感動的でした。近くにいる参加者も職員もアリ君の頑張りに、讃嘆と声援を送りました。
 しばらくすると、さらに2匹が運搬作業を加勢しに来て、そのお陰で鮭はどんどん運ばれてゆきました。大自然の中に、小さな献労現場を見たようで、とても嬉しくなりました。
 「この地で鮭の身が手に入るなんてアリにとっては奇跡かも」とか「あのアリたちは女王様からお褒めの言葉があるかもね」など想像力豊かな声も上がり、和やかなお昼休みとなりました。
 大自然の中で思いっきり献労して、様々な発見や気付きのある、境内地献労練成会は、毎月7日から10日の日程で開催されています。皆様のご参加をお待ちしております。
文・写真:吉田 憲司8月19日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151