日替わりコラム
蛇・アリ・すずめばち
今朝奥津城へ登る道すがら、道路に黒い縄が落ちていました。ひらおうかなと思ってそばに寄ったらその縄がいきなり動き始めて、「えっ」と思ったらそれは一匹のカラスヘビでした。黒く艶のある体に細く艶めかしい瞳、小さく閉じた口元からのぞくチロチロとした細い舌、スレンダーな体。蛇って実に魅力的な生き物だなーと思いながら手を振ってその蛇とはわかれました。しばらく行くと楢の木の幹にアリが黒くたかっています。そして一生懸命何かをはこんでいます。「アリさんは働き者だなー」と感心していると、いきなりスズメバチが警告のためにビュンと飛んできました。楢の木の樹液を集めていたのですね。生き物は皆一所懸命に生きているけど、蛇のようにすてきな魅力的な体を持ったものや、アリのように力強い生き物、毒があるために嫌われるスズメバチのような生き物。皆々個性を生かして頑張っているんですね。蛇さんアリさんスズメバチさんこれからも頑張ってねー。
文:城戸 恒雄9月4日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151