日替わりコラム
春が楽しみ
献労練成会で枯れ松の伐採を行いました。松食い虫の被害やら、異常気象による松の体力の減少による枯死で、大きな松が大分枯れてしまいました。これを練成会参加の皆様と力を合わせて切り倒し、トラックに乗せて運び出しました。運び出した松は薪として炭焼きの燃料や餅つきの燃料に使用します。枯れた松でも決して無駄にはしません。最後の最後まで使命を全うするのです。午前の献労の後は楽しい昼食です。霊宮の横で美味しいお弁当をいただきました。ふと見ると植え込みの横に(タラ)の木が育っていました。春になると柔らかい新芽を出し、これが美味しい天ぷらやおひたしになり、皆様のお口に入るのかと思えば頑張って大きくなれよと祈らずにはいれませんでした。枯れる木があれば新しく育つ木もある。現象の中に生命の循環を見た一日でした。
文・写真:城戸 恒雄10月9日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151