日替わりコラム
病気を治す 病気を放す
 第311回団体参拝練成会の体験談では、献労によって自己限定の殻が破れて無限力を発揮し、とても出来ないと思っていた作業が不思議と出来たとの悦びを語って下さいました。
 この自己限定である「自分にはとても出来ない」「自分は病気しているから仕方ない」などの習慣の心は、無我献身の献労でカラッポになると不思議とどこかに行ってしまいます。「ありがとうございます。」を唱え、目の前の作業に真心を込めて神様のお役に立っていると、気が付いたら自然と出来ないと思っていた事がやり遂げられるから不思議です。
 まさしく、生長の家は病気を治すところではなく病気を心から放すところです。本来、病気なしの神の子ですから、つかみを放てば神の子がひょっこり現れ、無限力が引き出され、元気になります。体験談をお聞きして、献労の素晴らしさを改めて感じました。献労は素晴らしい 献労は美しい
 
真心が 神へと届く 無我行じ

文:日向 光春10月27日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151