日替わりコラム
神想観
 練成会にご参加の皆様と、今朝も顕斎殿において神想観をさせていただける幸せをしみじみと感じます。当たり前くらい有難い事はありません。当たり前に顕斎殿で神想観をさせていただける。ただ神想観をさせていただける。有難いことです。
 ご参加下さる皆様は、これまでの人生において抱えきれない心の荷物をかかえ、何とか良くなりたいとの真剣な思いでお越し下さいます。
 神様はただ、全ての皆様の苦しみを除き、悩みを和らげて、大いなる御愛で包み、祝福して下さいます。私はいつも、許されている自分を観じて、私も全ての皆様を許さなければと思います。
 ある参加者は神想観で、憎んでいた方のニコニコした顔が不思議と浮かんできたと語って下さった。ある方は、光り輝く神様を観じたと語って下さいました。
 神様のレールに乗りさえすれば、「一寸先は光」練成会に参加するまでの過去のピンチはすべてチャンスであったのです。

 まず朝は 神想観で 出発だ 
文:日向 光春11月3日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151