日替わりコラム
「得ることで捨て、捨てることで得る世界」
 「日々の祈り」の中に、「捨てることで自由を得る祈り」がございます。早朝行事で読誦した際に、心に祈りの言葉が響きました。確かに私達の日常は、「得ることで捨て、捨てることで得る世界」です。「捨てる」「得る」を自由に選択をしながら「個性」を発揮し、目に見えざる神様の無限を表現し、どこまでも向上して行く神の子です。執着して、捨てることをしなかったら、
可能性も狭まり、自由になれません。
 早いもので、私も総本山に奉職して19年です。輝く平成21年は、奉職して20年目を迎えます。
 奥津城から大村湾を眺めた時、フト18才で初めて総本山に母と参拝した日の事を思い出しました。人生に迷っていた私でした。大村湾に浮かぶ島々を眺めて、こんなにも美しい世界があったのかと母と語り合いました。そして総本山に奉職を決意しました。
 故郷である長野県を「捨てる」ことで、総本山での修行を「得る」事が出来たのでした。私にとっては一大決心でした。住み慣れた、友人も多い地元を離れ、頼る人が誰もいない総本山に行く事は不安で一杯でした。けれども実際、総本山に奉職してみたら温かい人達ばかりで、楽しい生活を得る事が出来ました。
 まことに「捨てることで自由を得る」ことが出来、「個性」を発揮して、幸せな生活をおくっております。
 平成21年も、神様の御心に叶った生活を、明るく楽しくおくれるよう、神様に波長を合わせて行きます。

得る捨てる 神の御心 そのままに 


文:日向 光春12月29日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151