日替わりコラム
聖魂奉安の儀に臨んで
 総本山はぐっと冷え込み、昨日は朝から淡雪が舞いました。深山の霊気に背筋がピーンと正されるような清々しい気持ちになります。

 昭和7年の本日(1月11日)は「聲字即実相の~示」が大聖師谷口雅春先生に天降った日です。その日にちなんで、本日の早朝行事では、神想観実修の後、神示祭と~示講義が行われました。

 さて神示祭では、聖魂奉安の儀も行われました。通常は練成会中に行われる事が多く、今月はもう練成会が行われないので、総本山員だけが参列する中での聖魂奉安の儀でした。このように聖魂奉安の儀に参列者として臨めることは珍しいことです。

本日は4,853体の聖魂が龍宮住吉本宮の宝筺に奉安され、静寂の中で、宝筺の蓋が静かに閉じられるときに、新聖使命会員の方々の法悦の声が聞こえたような気がして、悦びの涙がこみ上げそうになりました。また、沢山の組織の会員の皆様が地元地域でコツコツと伝道に勤しまれたご様子が偲ばれて、また感謝の涙がこみ上げそうになり、真心を込めて聖経を誦げさせて頂きました。

今日もとっても有り難くってパワフルな一日になりそうです。

写真は昨日の雪景色と、自宅ベランダにやってきたジュウカラとヒヨドリです。
文・写真:林 光子1月11日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151