日替わりコラム
心の景色
今朝まで降っていた雪もすっかりやんで今日は晴天です。冷たい綺麗な空気を胸一杯に吸うと体が清まってゆく感じが致します。顕齋殿や道場の屋根も薄化粧をしたように白くなって又美しい姿です。ここ数年しっかりと雪が積もることはあまりありません。これも地球温暖化の影響でしょうか? 
 7年前の今日、長崎では35年ぶりの大雪が降りました。その日は本部講師補の試験に行く日で、心がどうにも落ち着かない私は朝から奥津城にご挨拶をして、東京へ行くつもりでした。しかし積雪は15pでとても車で行ける状態ではなかったので、意を決して歩いて登りました。早朝誰も歩いていない雪の坂道を歩きながら、やっと奥津城の前にたどり着き、みかげ石上に足を乗せたとたん転倒しました。先生の近くへ参るまでに3回滑って転びました。試験前に先生の前でこれだけ見事に滑ると変な不安や見栄から解放されて、見える景色が一変した思いでした。そして、試験には平常心で臨むことが出来たことを思い出します。あの頃からどれだけ生長できたのでしょうか? 
雪が積もった葉ボタンはとても美しいけどこの姿は午後にはすっかり変わっているでしょう。あの日の雪はありませんが、心の中にしっかり留めて、教えていただいてることを謙虚に実践し、お伝えする。そのことをあの景色と共にしっかりと思い出し、今年も精進してゆこうと思いました。
文・写真:吉田 憲司1月13日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151