日替わりコラム
四無量心
 1日から、第341回龍宮住吉本宮練成会が開催されました。練成会にご参加下さる皆様とお話をさせていただくと、それぞれに悩みや課題を抱えてお越し下さいます。
 これまでの人生において、切実に悩み、もがき、何とか救われたいとの真剣な思いで、あの朱い大鳥居をくぐられます。
 神様は愛であり、私達神の子は一人残らず神様に愛されています。心臓の鼓動は、神様の愛の証です。どんなに悩みもがいている時でも、神様に愛され、生かされている神の子が私達です。解決出来ない問題など与えられず、必ず解決出来るのです。そして解決する力は我が内にアルのです。その「気付き」が練成会で、どこまでも向上して行けるのです。

 また、愛とは仏教で言うところの仏の四無量心であり、慈・悲・喜・捨の事です。神様と一つである私達の心とは、四無量心であり、衆生の苦しみを除き、悩みを和らげ、楽を与えんと欲する心です。
 練成会を運営させていただき、最近特に思う事は、神様のパイプ役として、無我になって、お越し下さる方々の苦しみが除かれ、悩みが和らげられ、楽が与えられるように真心を尽くす事が大切だなと言う事です。
 練成会にお越し下さる皆様の、益々いのちが輝くように、張り切ってまいります。皆様のお越しをお待ちしております。

 来てみれば 心さわやか 練成は  
文:日向 光春2月2日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151