日替わりコラム
今日は楽しい「ひな祭り」
全国的に雪や雨のようですが、今日は3月3日の「ひな祭り」、心華やぐ特別な気分になってしまいます。

 「桃の節句」とは、野で摘んだ薬草で体の汚れを払って厄除けと健康を祈願する古来の「上巳の節句」の行事が、平安時代に宮中の「ひいな遊び」と融合して「流し雛」となり、室町時代に「お雛さま」を飾ってお祝いするようになったそうです。それが宮中から武家社会、裕福な商家や名主の家庭へと広がり、江戸時代ごろから女の子の健やかな成長と厄除けを願う「ひな祭り」になったということです。

私が生まれたのは「戦後は終わった」と言われた時代でしたが、原爆で全てを失った長崎市浦上地区に移り住んだ家庭の多くは「お雛さま」は贅沢で、手にすることも出来ませんでした。しかし「お雛さま」のあるご近所の家からお声がかかり、仲の良い友達と見物に行ったことなどは、昭和のよき時代を偲ぶ楽しい思い出となっています。

 暗い話題が多い昨今ですが、今朝ばかりはテレビのニュースに「ひな人形」や「ちらし寿司」などの話題が溢れました。日本中の家庭で暖かな笑顔の中、それぞれの「ひな祭り」がお祝いされる様子が目に浮かびます。

 時代や世情は、絶え間なく移り変わってゆきますが、どのような時も幸せな明るい笑顔を女性から世界中に広げてゆきたいですね。

文・写真:林 光子3月3日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151