日替わりコラム
感覚系と運動系
 最近、脳科学者の茂木健一郎さんご著書の「脳を活かす仕事術」を読みました。脳を活かすには、形に表す、表現することが重要な事を知りました。
 脳の中の、感覚系とは五官を使って脳にインプットすることであり、運動系とは五官を使ってアウトプットして脳が発達するとの事でした。
 また、運動系と感覚系は直接つながっておらず、情報化した現代においては感覚系が発達し、運動系が追いついていない状況なのです。具体的に言えば、運動系が発達する為には文章を書いたり、絵を書いたり、写真を撮ったりと、五官を使って表現をしなければ発達しません。
 確かにそうだなと思いました。この「コラム」を書かせていただき、文章を書く習慣が以前よりは増え、自然と書けるようになってきました。以前はなかなか書けずとまどっていました。さらに自己限定を破ってデジカメに挑戦。梅の花を撮影してみました。自分で撮ってみると撮影の難しさが分かりました。運動系が発達していないんですね。当たり前の日常に光を当て、心にある感動や喜びを表現して行く素晴らしさを感じました。
 生長の家は今、日時計主義の実践を盛んに行っています。総本山の練成会でも来年度より実践します。脳科学の面からも日時計主義の実践が素晴らしい事を知りました。今、与えられた恵みに
感謝して、表現をして行きたいと思いました。

 何事も やってみなけりゃ 分からない



 
文:日向 光春3月9日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151