日替わりコラム
辨天様の小道
 「生長の家総本山」の地元、西海市西彼町の鳥加郷を流れる鳥加川(とりかがわ)のほとりに険しい小高い丘があり、その頂に辨財大天女様がお祀りされています。と言っても祠(ほこら)やお宮があるわけでもなく、大きな自然石に御神号が記されただけのものですが、地元の人の素朴な信仰により、大切にお祭りされています。
辨天様は元々はインドのヒンズー教の女神サラスブアテイーで、仏教あるいは神道に同化されて弁財天、または弁才天と云うお名前で信仰されてまいりました。
辨天様は水の神・音楽の神・弁舌の神・財運の神として崇められており、又、絶世の美の女神とも崇められています。
私はこの鳥加川の畔を散策するときは必ず鳥居の前で手を合わせ「この地が水害に遭わず豊かな恵みに潤い、そして生長の家の隆昌にお力を賜りますよう」心を込めてお祈りするようにしています。
先日も辨天様にお祈りした後、山の小道をドライブしておりましたら、道の脇に白い花が一面に咲いている所を見つけ、車を降りてよく見ましたら、それは高さが計ったように整ったフキノトウの花畑でした。
なんだか辨天様にお参りしたご褒美を辨天様から頂いたような、ほのぼのと嬉しいひと時をすごしました。
「辨天様ありがとうございます。」
文・写真:城戸 恒雄3月12日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151