日替わりコラム
おだやかな春の朝
10日までの2つの練成会が終了し、事務室でパソコンのキーをたたいていると、窓の外から小鳥たちの可愛らしい鳴き声が聞こえてきました。

練成道場横の崖でいつも啼いてるウグイスは、鳴き声を真似て口笛で応えると、啼き方の指南をしてくれます。何回も掛け合いで啼いていると私も鳥になった気分です。
国旗掲揚塔脇の桜のてっぺんではホウジロが高い声でさえずっています。恋人(恋鳥?)を捜しているのでしょうか。
第一駐車場の南京ハゼの木にはエナガが巣を作りました。
カラスは楠の枝にかけていた献労の3時のおやつを持っていってしまったそうです。
 
今朝も顕斎殿では、総本山の職員や長期生が神前に座し、静かな悦びのなかで神想観や聖経読誦が行じられました。穏やかで淡々とした、充たされた日常が帰ってきました。幸せな春の朝です。

今日は練成会の時に猪除けの電気配線をして以来、初の本格的なタケノコ掘りの日です。これから一日おきに収穫して水煮の状態にして保存し、4月24日の谷口輝子聖姉21年祭にお参りに来ていただいた方に召し上がっていただく予定だそうです。


写真は、いま境内地を彩る、キンラン、カリン、シャクナゲです。
文・写真:林 光子4月12日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151