日替わりコラム
花盛りの総本山(^o^)
合掌 昨日は宇宙の大生命に護られて薄曇が日傘を差した、最高のお天気の中で谷口輝子聖姉の二十一年祭が厳かに執り行われました。そして長寿ホーム練成会が終了しました。 長寿ホーム練成会は穏やかでそれでいて賑やかで楽しい練成会でした。(*^_^*)

上の写真は通称6号花壇です。大鳥居から入ってすぐの一番長い花壇です。総本山の花壇は長い花壇が6コと道場横の芝生の所に丸い花壇が5コあります。仕事上みんなに分かりやすいように道場に近い花壇から1号、2号、3号・・・と呼び大鳥居に近い花壇を6号花壇と呼んでいます。
今6号花壇にはビオラが植えてありますが、これは昨年8月20日に種を蒔き、小さい双葉が出た時に一度仮植えを行い、本葉が四枚ほど出たころにポットに植え替えました。
ほとんどの花や野菜の苗は本葉が四枚ほど出てから鉢上げするのですが、ビオラやパンジーは双葉の時に植え替えをしてあげるのが上手に育てるコツです。6号花壇への植え付けは10月9日に献労練成会の献労の中で練成員さんと一緒に行いました。840本植えています。大祭の時には2、3輪の花でしたが、今はたくさんの花が咲いています。管理として枯れ花摘みや草取りを行いますが、枯れ花はなるべくこまめに行っています。種になる前に早く取ってやることによって花持ちが良いのです。
昔は野菜や花の種を取る為の苗を決めてそれから種を取り、隣近所で種の交換をしていました。隣でも土地が変わると良いものが出来ると昔の人は言っていました。
今の野菜や花は品種改良してあるので種を取っても同じものが出ないときがあります。
ビオラも花が終わって種を付けますが子孫を残す為に全力で種に栄養を送ります。種が完熟して使命を果たしたビオラは花が小さくなり枯れてしまいます。種が完熟しないうちに取ってあげると次から次に花を付けてくれるのです。
今長期生と共に花を踏まないよう注意しながら枯れ花摘みに頑張っています。ビオラの後はサルビアを植えようと計画していますがまだ苗が小さいのでもう少しビオラに頑張っていて欲しいです。(^o^)

今、総本山はツツジ、藤、足下には小さな草花で本当に花盛りです。山は新緑がまぶしいほどきれいです。五月は一日から一般練成会が始まります。気候的にも一番良いときですね。皆さまのお越しを心より楽しみにお待ちしています。
文・写真:上村 アリ子4月25日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151