日替わりコラム
緑の風と緑のカーテン
 1日から3日まで、白・相・青の各組織の全国幹部研鑽会や全国大会が開催され多くの方々がご参加になったことと思います。こういった行事への参加資格のない方も大勢おられますので、総本山では1日から第344回龍宮住吉本宮練成会を開催させていただいております。5月は若葉に包まれた総本山に来ていただくだけで爽快な気分になります。昨日は緑の風の中で献労が行われました。参加者の皆様にとても喜んでいただけたようで、道場内には明るい笑顔、元気な感謝のコトバがあふれています。

 さて、先月26日に炭窯に火を入れ、28日朝に焚き口を塞いで様子をみておりましたが、昨日(2日)朝に釜内の温度が230℃にまであがりましたので、わずかに開けてあった空気孔を閉じて釜を密封したと献労農事課の担当者から聞きました。これで火が消えて温度が徐々に下がり、10日には献労練成会の献労で炭の釜出しをする予定になっております。いい炭が出来そうでとても楽しみです。
今でこそ、当たり前のように立派な炭が焼けていますが、聞くところによると炭焼きを始めた平成11年当時は、炭が出来あがったと思って炭釜の蓋を開けたら、炭材がみな燃え尽きて真っ白い灰になってしまっていたというようなこともあったそうです。

 今年は5月に入ったのに早朝は連日ヒンヤリしますが、油断は禁物です。すぐに暑くなり、そうなると一気に夏が来て、事務室のちょうど私の背中から日が差し込んできます。「今年も暑くなるだろうなぁ〜」と思ってましたら、献労農事課のみなさんが“緑のカーテン”をこしらえてくださいました。まだ10センチ前後のゴーヤとハヤトウリの苗ですが、これが可愛らしくてたまりません。練成部には農事のプロがついていますし、部員のみなさまの愛の言葉のシャワーを浴びて、きっと立派に育つこととワクワクしています。今日もなんだか、楽しいことがいっぱいです。
文・写真:林 光子5月3日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151