日替わりコラム
違った視点で物事を見る
 昨日、5月27日は休日を利用して、総本山職員によるスポーツ大会・新入職員歓迎会が行われました。初めに國分講師力作のクイズ大会でした。パワーポイントを使った総本山に因んだクイズが出題され、とても面白かった。さすが國分さん。
 その後、4班に分かれてウオークラリーが行われました。班ごとに総本山内を歩き周りました。みんなで歩くのは楽しいものです。ふと気が付くと、金龍湖の菖蒲も咲き始めていました。
 そして、歩きながらその場所に関しての出題が出されます。私は椎野大神の階段の段数が問題でした。答えられませんでした。そう言われてみれば階段の段数など数えた事もありませんでした。住み慣れた総本山もクイズという視点で見てみると、案外面白いものですね。
 違った視点で物事を見たり、考えたりしてみる事の大切さを考えさせられました。ちょっと違った視点で考えると、色々と気付く事が多いものです。練成会を運営する側から受ける側に立って考えても様々な事に気付きます。また、周りの方々に対しても、一方的に決めつけて、あいつは悪いと思っていないかなど反省してみることも大切だなと思いました。日時計主義の生き方を実践して行こうと思いました。

 楽しいな 頭をひねり ただ歩く 
文・写真:日向 光春5月28日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151