日替わりコラム
炭切って、澄み切って
本日は第345回龍宮住吉本宮練成会の第4日目「浄心の日」です。昨日は雨が降りました。最近じっくりと降っていなかったので久し振りの「おしめり」をいただいて、作物や草木にとって、ありがたい恵みの雨となりました。さて献労は、草刈りをする予定でしたが内容を変更させていただき、「炭切り」の献労を行いました。献労作業倉庫に移動して、4月末から5月の頭で焼いた竹炭、木炭を一定の大きさに切っていきます。下の写真は私の手です。ノコギリがブレないで切れていますね(笑)今回は綺麗に焼けていますので、壊さないように丁寧に切っていきます。「ありがとうございます」「ありがとうございます」と感謝の言葉を誦行しながら一心に切ってゆくと、正に無我になっていき、心が澄み切ってきます。手も顔も黒くなりながら、終わった後はなんとも清々しく、ありがたい気持ちで一杯になりました。献労が終了する頃には雨も上がり、私達の心のように空気もすっきり爽やかでした。雨上がりの空気を胸一杯に吸いながら献労の帰り道、咲き始めた夾竹桃が雨に濡れてさらに美しく見えました。
文:吉田 憲司6月4日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151