日替わりコラム
幸運をよぶ鳥
 我が家の玄関を出るとツバメの巣があります。最近出来たばかりのツバメの巣。とても立派です。私はこのツバメを「幸運をよぶ鳥」と呼んでいます。どこから来たかは分かりませんが、幸せを運んできてくれた気がしたからです。
 幾多の困難を乗り越えて、このツバメの巣は完成しました。作り始めの頃は、カベに泥がつかず全部下に落ちていました。玄関前は泥だらけです。いいかげんにあきらめれば良いのにと思っていました。
 しかし、ツバメは何度失敗してもあきらめませんでした。何回も何回も泥を運んでは落っことし、また運んでの繰り返しです。すると、何回挑戦したかは分かりませんが、少しカベに泥がつき始めました。ツバメの全力が神様に通じたのでしょう。あとはまたたく間に完成しました。本当にツバメさんおめでとうございます。
 ツバメから大切な事を学びました。信仰する上で大切なことは、あきらめないこと忍耐です。コツコツと自分の持てる限りの力で一所懸命頑張れば、神様があとは良くして下さる。現象がいかにあろうとも神を信じて、今を明るく前進すれば道は必ず開ける。自分の作った巣でくつろぐツバメを見て思いました。
 幸運をよぶツバメさん、よくおいで下さいました。

 幸せを 運ぶツバメが 我が家来て
 
 

 
文・写真:日向 光春6月27日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151