日替わりコラム
生命顕現の法則は無限生長
7月1日練成会初日、練成会参加者のお迎えに早岐駅まで行きました。降りしきる大雨によって電車の到着は1時間30分の遅れでした。運休している電車もあります。思わず大雨に不満をもらしてしまいました。いい加減にやんでくれと。もう雨は降らなくていいよと。
 しかし、総本山に戻り山々を眺めてみますと、木々は雨の恵みをいただき大喜びです。その自然界の悦びが私にまで伝わってくるようです。思わずハッとしました。狭い自分の立場ばかりで考えて、自分の都合を優先させていると、雨の有り難さは分からないと思いました。また、緑のカーテンであるゴーヤのツルは雨の恵みをいただきスクスクと伸びております。「生命はどこまでも生長する」伸びるツルを見て思いました。
 人生における梅雨時のような苦しい状態の時でも、その時が一番生命は伸びると思います。一寸先は光である。あるがままを素直に受けてどこまでも無限に生長して行こうと思いました。梅雨時は雨が降るから有難いんですね。
 
 生命は 生長するよ どこまでも
文・写真:日向 光春7月3日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151