日替わりコラム
ねじ花
 総本山は、境内地内に家族寮があります。ある日、徒歩で帰宅時にK講師と一緒になりました。K講師は日頃から徒歩通勤されていますが、私は普段、自転車通勤していますので、下り坂の帰り道はあっという間に通り過ぎてしまいます。しかし、この日は朝雨が降っていたので、徒歩通勤となりました。
 K講師がおもしろいものを見せてくれると言われるので、ついて行くと上の写真のように「ねじ花」が群生していました。境内地で群生しているのは珍しいとのこと。
 このねじ花よく見ると、まっすぐ天に向かって伸びている茎に釣り鐘状の小さい花が螺旋状に咲いています。名前の通り花がねじれています。別名も「ねじればな」、「ねじりばな」、「もじずり」があるそうです。下の写真はねじ花のアップです。少しぼけていますが、携帯電話で撮影したのでご了承ください。
 ところで何でねじれるのでしょうか?一説によると一方向だけに咲くと茎が花の重みで曲がってしまいますが、螺旋状に咲くことによって茎がまっすぐ伸びるためとのことでした。「なるほど!」と思いました。芝生の中に咲いていたりして、見逃しがちだそうですが、これだけ群生していると一面ピンク色の絨毯を敷いたようです。
 私は、恥ずかしながらこの花のことを今まで知りませんでした。名前どころか咲いていること自体も知りませんでした。
「認めたものが現れる」と生長の家では教えられていますが、まったくその通りですね。
文・写真:錦織 義記7月5日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151