日替わりコラム
愛すべき生きものたち
 梅雨明けはまだらしいですが、暑さが強烈に押し寄せて来る感じがします。そんな中、リハビリとダイエットと実務を兼ねて、境内地をゆっくりと歩いてみました。幸いなことに風がありましたので、青空と若葉を楽しみつつ、腰掛けになりそうな岩を見つけてはひと休みを繰り返し、吹き出す汗を拭って、大満足の時間を過ごしました。
 外に出てすぐ出会ったのはヒヨドリです。ベランダの下のランタナの実を毎朝食べに来ているようです。カメラを向けると蝉の抜け殻の向こうに隠れてしまいました。寮の生け垣を曲がったところで、アゲハチョウが逃げるでもなくひらひら舞っていましたが、自分の重みでたわんでしまうような小さな花を見つけて、アクロバットのようにつかまり蜜を吸い始めました。顕齋殿の裏では10数羽のカワラヒワがヒエの実をついばんでいるところに出会いました。境内地で初めて見た、黄色い線がアクセントの綺麗な小鳥です。
昨日は2時間位かけて歩き回り、様々な昆虫、魚、は虫類、花や木の実などもたっぷりとカメラに納めました。モデルになってくれた愛すべき生きものたちに心からお礼を言いたい気持ちです。
文・写真:林 光子7月19日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151