日替わりコラム
可愛い子雀(^o^)
合掌  総本山の道場や顕斎殿などの建物には沢山の雀の巣があります。ある朝、早朝行事後、顕斎殿の外に出た所に二羽の子雀が巣から落ちていました。一匹はフラフラしながら生きていました。顕斎殿正面の篇額の裏に巣を作っていたようです。まだ、毛が出始めたばかりで頭でっかちの目はやっと開いたばかりでした。

今までも巣から落ちてたのを誰かが持って来た子雀を何度か育てました。
目が開いてないときから育てると人を親と思うのかとても懐いて、私の仕事中にカゴの外に出していても呼んだら帰ってきていました。家では自由に飛び回り、ご飯の時には「僕(私?)にもちょうだい」と唇をつついたり、巣と思うのか掌の中でくつろいだり、飛び回っていても呼んだら肩に飛んできたりしてとても可愛いです。今まで育てた子雀やメジロの名前はみんな「チィちゃん」です。
二年ほど前にはメジロを育てました。その時には一本も毛が生えてない小さな赤子で何の子供なのか分からないまま育てました。毛が出始めたらきれいな鶯色で、目の回りに白い毛が輪っかになって出て来たのでメジロの子だと分かりました。メジロはとても頭が良く私にかけがえのない喜びを与えてくれました。でも、外の世界が良かろうと旅立たせました。その後私はとても寂しい思いをしましたがきっと元気でお父さんかお母さんになっていると思います(^o^)

今回の子雀もあの高い所から落ちたのに怪我もなく元気に育っています。
餌は鯉のエサに水を含ませ柔らかくなったのをあげます。小さいときには小鳥にエサをやる道具を使いましたが、今は手から食べさせています。事務所にいるときは誰かが側に来ると羽をふるわせてエサをおねだりしています。エサを近づけると大きく口を開けて喜んで食べています。
でも、そろそろ親の近くで放してやろうと思っていますがもう少し上手に飛べないと外敵から逃げきれないでしょうね。
境内地を見ると小さくて丸っこい雀が群れて飛んでいます。今年生まれた子雀でしょう。
8月1日から練成会が始まります。可愛い雀たちと共に皆さまのお越しをお待ちしています(^o^)
文・写真:上村 アリ子7月25日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151