日替わりコラム
重陽の節句
 本日9月9日は、5節句の一つ「重陽の節句」です。古来中国より奇数は陽の数であり目出度いとされ、陽数の最大である9が重なることから「重陽」と呼ばれたそうです。
 陽の極が2つ重なることからたいへんめでたい日とされ、邪気を祓い長寿を願って、菊の花をかざったり酒を酌み交わして祝ったりしていたようで、「菊の節句」とも呼ばれています。
 しかし、他の節句(1月7日「人日(七草)の節句」、3月3日「上巳(桃)の節句」、5月5日「端午(菖蒲)の節句」、7月7日「七夕(笹)の節句」)に比べて、日本ではあまり行事が行われません。
 一説によると、旧暦の9月9日は、現在の暦で10月にあたり、田畑の収穫も行われる頃、農山村や庶民の間では栗の節句とも呼ばれて栗ご飯などで節句を祝っていましたが、新暦にこよみが移り、まだ菊が盛んに咲く時期ではなくなってしまったため、現代に引き継がれなくなったのではないかとのこと。
 ともあれ、旧暦のこの時期では、田畑での労働が最盛期になり休めない中、唯一この日に休息をとり、酒を酌み交わして収穫を祝ったようです。
 本日は、境内地献労練成会3日目、青空の下山の遊歩道整備の献労が行われています。参加者の皆様はまだまだ残暑厳しい日差しの中、無我献身で働かれています。肉体は疲れますが、心の充足感と休息感は満たされることでしょう。
 この「重陽の節句」に練成会にご参加くださった皆様に感謝するとともに、休息とは「肉体を休めて快楽を求めることではない」ことを改めて気付かせて頂きました。
 写真は奥津城で撮影した午前の空と大村湾です。空の青と海の碧、同じ「あお」でも違うものですね。
文・写真:錦織 義記9月9日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151