日替わりコラム
神示祭と聖火授与式
 第317回団体参拝練成会には多くの皆様がご参加下さる中、撓わに稔った稲を収穫し神様にお供えする抜穂祭が執り行われました。真っ青な秋空の下、その後の献労では、トンボが飛び交う中での稲刈りや草刈り、抜穂祭の後片付けなどが行われました。
 自分は音響担当として参列させて頂きました。この抜穂祭では神楽「悠久の舞」が4人の神舞姫さんにより奉納されました。
 今年度の9月には団体参拝練成会は前期と後期の2回行われます。前期に6教区、後期に8教区の皆様がご参加下さいます。
その後期は25日〜28日迄の日程で行われ、27日には夜に龍宮住吉霊宮にて大調和の神示祭が、その後霊宮前広場にて七つの燈台聖火授与式が執り行われます。大調和の神示祭では、抜穂祭の4人舞とは違い、神楽「浦安の舞」の1人舞となります。
 龍宮住吉霊宮の明かりに浮かび上がる舞は、とても幻想的で美しいものです。また、七つの燈台聖火授与式は聖火台を取り囲む中、夜空に浮かび上がる七つの燈台で点灯された真理の聖火が山から降りてきて、聖火台に点灯されます。
 荘厳さと美しさの中、人類光明化運動の大いなる使命を谷口雅春先生から受け継ぐ愛の聖火が、参列者お一人お一人の心に灯されていきます。
文:錦織 義記9月23日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151