日替わりコラム
花の島
花の島
松島へ行きました。
と云っても松尾芭蕉で有名な宮城の松島ではなく、西海市大瀬戸町の松島です。
大瀬戸港からフェリーに乗り、約15分の長旅の末ようやく松島に着き、早速島巡りをはじめました。
島の名所はいろいろありますが、今回は道の周囲を気をつけて走りました。
松島火力発電所を過ぎたあたりから道の両側に様々な色の花が咲き乱れているのが眼に入りました。
紅い色はハイビスカス・芙蓉は一重の薄紫、白と赤の八重の芙蓉と、本当に美しい景色でした。そして、花の香りに誘われてアゲハチョウが密を求めて集まって来ていました。
花は蜜を与えて花粉を運んでもらい、蝶は蜜を貰うかわりに花粉を運び、与えあいの世界がここにありました。
そしてしばらく走ると、与えあいの果実が目の前に現れてきました。
それはアケビの実がたわわに実り、今まさに割れようとしているものでした。
熟れて割れたアケビは鳥などの動物が食べ、そしてその種を遠くに運んで又芽を生むのでしょうね。
そう考えると何か嬉しくなってしまいました。
次からは島の名所を1つづつ紹介していこうと思っています。乞うご期待。
文・写真:城戸 恒雄9月24日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151