日替わりコラム
アオサギのお話し
今日も 大きなアオサギが
総本山の金龍湖に 飛んできました
近くの動物園から 抜け出して
いつも 通ってくるのです

アオサギは 湖畔の木にとまり
金龍湖を 見詰めています
それに気づいた 金龍湖の鯉たちは
アオサギに 食べられると大騒ぎ

アオサギは じいっと動かないで
金龍湖に 見入っています
しかし いくら経っても
鯉を 食べる気配はありません

そこで 一匹の金色の鯉が
勇気を出して 近づいて
アオサギに 聞いてみました

アオサギさん アオサギさん
あなたは お腹がすいていないのですか
それとも ここの鯉はお好きでないですか
だったらどうして じいっと見詰めているのですか

アオサギは 小さな声で答えました
あぁ 金色の鯉さん
わたしは コウノトリの仲間ですが
大きいばかりで あまり美しくありません
あなたは 金色に輝いて とてもきれいです
水の中を自由自在に泳いで キラキラしています
だから いつもここへ来て
あなたたちを 眺めているのです

それを聞いた 金色の鯉はこう言いました
アオサギさん あなたはとっても美しいですよ
ふわふわとした 大きな羽を持ち 
その羽を広げて あの大空を 
どこへでも 飛んでいけるのでしょう
なんて 素晴らしいことなんでしょう

アオサギは なんだか嬉しくなりました
そんなふうに 褒められたのは 
生まれて 初めてだったからです
アオサギは 聞きました
金色の鯉さん あなたはどうして怖がらずに
わたしの近くに 泳いで来て 
そして わたしを認めて 褒めてくださったのですか

金色の鯉は 言いました
わたしは 生まれてから ずっと
ここ 金龍湖にいます
そして 水の上には大きいお社 顕斎殿があります
そこから響いてくる 人間のお話を 
わたしは毎日 聞いていたんです

そのお話しの中で わたしたちは
神様という人が 創ってくださって
生かされていると 聞きました
そして 水の世界も空の世界も
争ったり 食い合ったりしないで
本当の世界は 大調和していると 聞いたんです
だから きっとアオサギさんとも
お友達になれると 思ったんです

アオサギは また嬉しくなりました
金色の鯉さん そうだったんですね
それでは わたしもこれから
神様のお話しを 毎日聞くことにします
そうしたら あなたのように輝けますね

それからというもの アオサギは
来る日も来る日も 金龍湖へ飛んできて
金色や赤や黒の 鯉と一緒に 
神様のお話を 聞いているのでした

文・絵:前田 智子10月2日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151