日替わりコラム
秋さわやかに
昨日は、第349回龍宮住吉本宮練成会5日目、本練成会最後の献労が行われる日です。本欄の上村講師のコラムにもあったように2日目は「檜の皮むき」3日目は「温故資料館周囲の整備」の献労を行いました。か細い声での感謝誦行が、とても大きく美声になっていく方や、草刈りは嫌だと思っていたが、みんなの笑顔に囲まれていたら自分も笑顔になって最後は率先して献労をやれた人など、回を増す毎に皆さん元気になり、昨日の献労では本当に無我献身で「参道の整備」を行っていただきました。場所は、霊宮から奥津城下の三叉路までで、両側の枯れ木や倒木の処理、草刈り、落ち葉掃きなどの作業をしました。天候にも恵まれ作業は順調、皆さんもどんどん力を発揮されていました。その天候なのですが、実は5日は「雨」の予報でした。2日に「インドア献労」(シャッターだけど…笑)だったので、今日も3日同様、是非外での献労を…とは思っていましたが、あまり心配はしていませんでした。神様のお導きで、過去5日の献労は予報がどんなでも、だいたい雨が降ることなく出来ていたからだと思います。前日の「浄心の日」 を経て晴れやかとなっている参加者の心を反映していることもあるだろうと思っています。昨日も一滴も降らずにさわやかに献労できました。最近外に出て、特に感じるのですが、すっかりと風も日差しも秋めいてきました。桜の葉も色を変え、少しずつ落ち始めています。紅葉の色づきはまだのようですが、先日は柿をいただきました。まだ 熟していないモノはデスクの上に飾っています。緑、黄、橙、茶など様々な色が美しいので、絵に描いてみました。
文・絵:吉田 憲司10月6日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151