日替わりコラム
島巡り(2)
島巡り(2)
10月1日の続きです。
大瀬戸町松島の金刀比羅宮に参拝して島巡りを始めました。
ここには日本一小さな公園があり、ベンチが一つとシュロの木があるだけのものですが、そのベンチに腰掛けて海岸を見ていると、広々とした大洋と一つになったような大らかな気持ちになりました。
海の空気を一杯吸いながら日本一小さな公園を後にして、松島炭坑の跡を見学にいきました。
煉瓦作りの縦坑跡とコンクリートの変電所跡が整備され、その前には昭和9年に炭坑の事故により亡くなった54名の方の名を記した54体供養塔が立てられて、今も尚地下に眠る御魂を慰めていました。
ここは炭坑の閉山後暫くは荒れ放題であったということですが、昭和59年に篤志の方により整備され、今は周囲も綺麗に整えられて道行く人の参拝を誘っていました。
ここに眠る御魂は昭和の時代を支え、国の発展に尽くし、その命を捧げられました。
平成の今、日本の炭坑は役目を終え地下からの掘り出しはなくなりましたが、過去の繁栄と戦後の復興を支えた功績と尊い御魂への感謝は忘れてはならないものではないでしょうか?そのご恩に感謝して、未来に美しい地球を引き継ぐために資源の無駄遣いを止め、クリーンな自然エネルギーの開発に力を尽くしたいものと思います。
文・写真:城戸 恒雄10月8日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151