日替わりコラム
生かされている
秋も深まり 東雲台の桜も
すっかり葉が 色づきました
美しく 色づいた葉は
ひらりひらりと 少しずつ
空を舞い 土に帰ります

木は ただ葉を落とすだけでなく
その色を 紅く美しく変化させ
私たちの目を 楽しませてくれます
秋の装いに 彩りを添えてくれます

神様は どんなところにも
無限の美しさを 表現してくださいます
そこには ひとつとして無駄なものは無く
そこには 調和があります

落ち葉をみつめて 目を下に向けると
小さな小さな 蜂が飛んでいました
それは よく見なければわからないほど 
小さくて かわいい蜂でした

この小さな小さな 生きものが
私を 生かしてくれているのだ
この小さな蜂が いるからこそ 
私は 生きていけるのだ

無限の 多様性の中で
すべての 生きとし生けるものが
お互いに与えあい 生かしあい
調和しているからこそ
私は 生きていけるのだ

神様に 生かされていると 
ひとことで 言っても
数え切れないほどの いのちに
生かされているということ
そこには 無限に感謝し尽くせないくらいの 
意味があるのだと 思いました 
文・絵:前田 智子10月16日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151