日替わりコラム
光の前に暗は消える
 団体参拝練成会が終了した翌朝、早朝行事に通うべく歩いて顕斎殿へ向かいました。まだ暗いなか、手水をすませて不老橋を渡ろうとした時、フト写真が撮りたくなりました。顕斎殿までの行く手を照らす「灯籠」が何とも言えず美しく感じたからでした。
 練成会参加者の皆様はどんな思いで、この不老橋を渡ったのだろうか。参加者の中には、一生に一度は総本山に行きたいとの思いで、この不老橋を渡られた方もおられただろう。なかには様々な悩みや問題を抱えて、ご参加の方もおられたろう。
 ほのかに照らす「灯籠」の光に、神様の祝福と浄化を感じました。神様は無条件に、無限の愛で、すべての人々を浄め、愛して下さる。90才を越えられて参加された男性の方は、元気に若返って、杖がいらなくなったと悦ばれていました。
 生かされている自分であった事に気が付くと、我の力が抜けて、お任せの楽な気持になります。どんな時でも、事に望むときには神様を忘れてはいけない。現象の暗に引っかかっていると、光を見失います。
 今朝、素晴らしき団体参拝練成会が無事に終了した事を、住吉大神様にご報告申し上げました。神意のまにまに行われる団体参拝練成会の運営をさせて頂ける悦びを感じました。

 世を照らす光の前に闇はなく
 
文・写真:日向 光春10月19日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151