日替わりコラム
島巡り(4)
島巡り(4)
10月15日の続きです。
【人形岩】を見て【五色浜海岸】を堪能(たんのう)した後、【白鳥の湖】へ車を走らせました。
ここ松島では灌漑(かんがい)のために人工湖が造られ、そこに2羽の白鳥が住み付き雛が生まれました。
雛は大きくなると親元を離れ、島の対岸の大瀬戸町の雪の浦川へ飛んでいき、そこで元から住んでいた白鳥と家族を作りました。(7/16日の項参照)
松島の白鳥は地元の皆に愛され、住んでいる湖は【白鳥の湖】と名付けられ、小学校の子供達が(白鳥募金)を募り、大切に可愛いがっています。
私が訪れたこの日もお祖父さんと息子夫婦・それにお孫さんが仲良く餌を与えていました。本当に大切にされているのだなーと嬉しくなりました。
【白鳥の湖】を後にして史跡「正定院」の天井絵を見学に行きました。ここは浄土宗のお寺で訪ねると「自由に見て下さい」と快く許可していただき、本堂を見学し、ついでに写真も撮してもらいました。
本堂のご本尊の前に座り参拝をし、仏様と対面すると浄土宗の宗祖〔法然上人〕(ほうねんしょうにん)様のお声が聞こえてくるようで厳粛な気持ちになりました。
「南無阿弥陀仏・・・」と念仏を称え阿弥陀様を再拝し、本堂を出て横に廻るとそこには古い石仏が道行く人を見守るように座していました。
風雨にさらされ、お顔の表情も解らなくなっていましたが、今もこの仏様は人々に慈愛の眼差し(まなざし)を向けておられるのでしょうね・・・仏様に手を合わせ道中の無事を祈り次の目的地へむかいました。
上の写真は【白鳥の湖】の白鳥・下の写真は(白鳥募金)の看板と「正定院」本堂横の石仏です。
文・写真:城戸 恒雄10月22日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151