日替わりコラム
うつりかわりのうつくしさ
境内地の秋も深まってまいりました。金龍湖畔の紅葉が段々と色づいてきました。これから、もっともっと紅くなってくるでしょうね。今日の日中はとても温かいのですが、朝晩は寒くなってきました。この寒暖の差がより一層紅葉の色を鮮やかな紅にしてゆくことでしょう。社務所横の酔芙蓉≠ェ美しく咲いています。初秋までの花ですので、先日まで行われていた団体参拝練成会中に、何度も前を通りながら、「咲いていくれている内に撮りたい」と思っていました。この酔芙蓉は、芙蓉の園芸品種で,朝に白い花を咲かせますが,午後になるとだんだんピンクにかわり,夕方から夜にかけてさらに赤くなり,翌朝にはしぼんでしまいます。このさまを,お酒に酔って顔がだんだん赤くなってくることにたとえて,「酔う芙蓉」ということからつけられた名前だそうです。この写真は本日の11:30撮影です。これから赤くなるもの、半分のもの、すっかり出来上がっているもの様々ですね。昼頃がとても変化があっておもしろいです。毎年、毎年、咲いてくれるくれるのですが、毎年、いや、瞬間、瞬間、全く違う姿を見せてくれて、同じようでも同じでない。無限の姿を顕しているんですね。何でもそうなのですが、変化が早いこのよう花を見ると再確認して神様の偉大さをかんじます。
文・写真:吉田 憲司10月27日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151