日替わりコラム
秋の味覚
 昨日、公邸蜜柑園の除草献労が行われました。撓わに実った蜜柑がきれいに色づき、とてもおいしそうです。大阪府出身の私にとっては、蜜柑には冬のイメージがありますが、ここ長崎県では既に多くが店に出回っており、私もすでにたくさん食べさせて頂きました。品種は早生(わせ)みかんだそうですが、あまり詳しくないので、ネットで調べて見ると、『11月2日 長崎みかん 初荷の原口早生 試食会開催』との記事にたどり着きました。その中で、今年は7月まで曇り、その後干ばつ気味から小玉傾向ですが、糖度は十分にのってるとのことでした。
 味見は出来ませんでしたが、総本山の蜜柑は大きくてとてもおいしそうです。やはり真理の言葉を聞いて育ったからでしょう。
 それ以外にも、栗やアケビ、柿などいろいろなものがなっていました。その中でも柿にはポリフェノールがいっぱい含まれているそうです。ポリフェノールは活性酸素を抑制し脳梗塞や動脈硬化にも効果があるとのこと。なんと柿1個には、赤ワイン約10本分のポリフェノールが含まれいるとか。このような科学的な面からでも、人間や動物の肉体を元気に保って下さる神様の叡智、愛を観じることができます。
文・写真:錦織 義記11月4日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151