日替わりコラム
史蹟探訪(大瀬戸編)
史蹟探訪(大瀬戸編)
西海市大瀬戸町の住吉神社に行きました。
住吉神社と云うから生長の家総本山と同じく住吉大神をお祀りする神社かと思っていたら、神殿も社殿もなく、切石の大きな墓石と屋根型墓石が2基祀られてあり、「ちょっと違うな」と感じました。
案内板がありましたので説明を読みましたら、ここは近江源氏小佐々氏の墓所で[葛の峠]の戦で戦死した小佐々弾正純俊とその甥の小佐々甚五郎純吉を祀っているということでした。
以前は[純俊様]と呼ばれていたものが[純吉様]と変わり昭和の初期に[住吉神社]と改称されたということでした。
切石の大きな墓石の横に屋根型の墓石2基がありますが、これは古キリシタン墓石で小佐々氏が以前はキリシタンであったことを示すものと思われます。
又、小佐々甚五郎純吉は(天正少年使節)で有名な中浦ジュリアンの父であることからもキリシタンであったことは間違いないものと思われます。
ここ大瀬戸町の多以良一帯は小佐々氏の子孫が健在で今もこの墓地を大切に護っていると云うことでした。
そして『中浦ジュリアン』という先人が自分の先祖の係累から出たということに強い誇りを抱いていることも感じることができました。
ご先祖を誇りに思い、大切にする。子孫としてこれほどの孝養・供養はありませんね。
上は住吉神社の標識と下2つは墓石です。
文・写真:城戸 恒雄11月12日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151