日替わりコラム
池島に行きました。
西海市大瀬戸町の港からフェリーに乗り、長崎市外海町の池島へ行ってきました。
約30分の船旅の末、無事に池島へ到着しました。
港の待合室では大勢の猫ちゃんの出迎えを受け、猫好きの私はそれだけで頬がほころんでしまいました。
ここ池島は平成13年に閉山するまで炭坑で大いに賑わった島でした。
島内は所狭しと炭坑のアパートが建ち並び、子供達の通う大きな小学校や中学校があり、それはそれは賑やかな島だったのですね。
今は道を歩く人の数もまばらで、車もほとんどすれ違うこともなく、メインの産業が無くなるとかくも寂しくなるものか、と心にすきま風が吹き込んでしまいました。
暫く車を走らせていると「何と!信号機がある!」ではありませんか!」。
人も車もほとんど見ないこの島に信号機がある!「なぜ?」よく見るとそこは小・中学校の通学路で、島の学校を卒業して本土へ渡った子供達が信号機で戸惑わないようにと、教育の観点から押しボタン式の信号機を設置したとのことでした。
「この島には必要ない!」として信号機を設置しなかったならば子供達は島を出るまで信号機を知らず、いきなり事故に遭ったかも知れませんね。
大人の愛が信号機と云う形に表れたものと、心が豊かになったような気持ちでさらに車を走らせました。
次回も池島からお伝えします。
上の写真は待合室の猫。下2枚は小学校前の信号機です。
文・写真:城戸 恒雄11月19日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151