日替わりコラム
秋は美しくて
秋季大祭から1週間たちました。最近の総本山は比較的に温かく穏やかな日和が続いています。大祭の終わった金龍湖周辺の山々はゆったりとした時の流れのなかで、霧に包まれ幽玄なたたずまいを見せてくれています。

そして2〜3日前から、住まいの近くまで野鳥が降りてくるようになりました。昨日の朝は、エナガとシジュウカラがそれぞれ群れながら、ベランダ目前の木の枝までやってきてくれました。

また、陽が落ちるのが早くなったせいでしょうか、一昨日の夕方、家族寮のすぐ近くの芝生まで野ウサギがやってきていました。わりと若いウサギのようで、もう実に可愛い〜いです。

今シーズンはまだ警戒心が強くなかなかカメラに収まってくれません。1羽のシジュウカラだけ遠景で撮影することができました。どこにいるか分かりますか?

道場前の渋柿はようやく熟してきたようで、目敏いカラスが早速熟れたものを選んで突いていました。1羽はカメラを向けてもマイペースで食欲を満たしていましたが、そのカラスが1個の柿を木の下のコンクリートに突き落としたところ、もう1羽のカラスがすかさず飛んできて、その柿をくわえて向かいの山まで移動して美味しそうに食べました。夫婦か、親子か、兄弟か‥、なにかほほえましいものを見たような気がしました。

こうして沢山の生命を育み生かして、そして、それぞれ様々な生き様のドラマを演出してくださる自然に、神様に、大いなる憧れと尊敬の念を覚えずにはおれません。

ところで今日(11/28)は、生長の家のお仕事で佐世保市内に出かけてきました。普段、山の中に住んでいるので、綺麗に整備された街の紅葉の美しさも新鮮な感じで目に映りました。日本の秋はどこに行っても美しくて最高です!
文・写真:林 光子11月29日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151