日替わりコラム
感じ方と表現
今年の紅葉もここ最近で一気に進みました。秋季大祭を見頃のピークに、数日前本欄で上村講師が書いてからまた進んで全体的には段々終わりかけています。しかし社務所の横に位置する写真の紅葉はちょっとゆっくり目で、今とても美しい状態です。本当に一時期だけのグラデーション状態で緑、黄、赤の三色があるのを私は一番美しく感じます。でも、真っ赤に燃えるような赤が美しいと感じる人もいると思います。感じ方は人それぞれですもんね。先日、「ヒョウタンカボチャ」なるものを頂戴しました。その形は正にヒョウタンです。しかし色は濃い緑のカボチャで黄色がヒョウ柄のように広がっています。初めて見ました。その細長い格好とガラの面白さとに惹かれて、初めて絵封筒に挑戦してみました。バランスや色の使い方、切手選びや貼り付ける場所と自由性が高くて、むつかしいけど面白い。本物はもっと美味しそうで美しかったのですが… 表現できないのが悔しいです。でもこれから何度もチャレンジすることで、より表現したい物がかけるようになりたいなぁと思いました。感じ方はそれぞれですが、私の感じた素晴らしさを表現出来るように練習をしていきたいと思いました。
文・絵:吉田 憲司12月1日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151