日替わりコラム
池島に行きました。(3)
池島に行きました。(3)
長崎市外海町池島にフェリーで渡り、池島神社を参拝し、その後池島炭鉱第二立坑を訪れました。
池島炭鉱自体は平成13年に閉山して、今は海外からの技術研修生が鉱山技術の研修に来ているとのことで、ある程度の活動はされているようでした。
立て坑前の広場には小学校の生徒達と先生が力を合わせて造ったという父子像が建立されて、炭鉱華やかなころの自信に満ちた有様が見るものに伝わってくるようでした。
私自身も幼少期から高校卒業まで炭鉱で働く父の姿を見て育ち、炭鉱が戦後日本の復興に大きな役割を果たしたことを感じていたので、この父子像には大きな共感を覚えてしまいました。
仕事に出かける父の後ろ姿に「行ってらっしゃい。安全にねー」と声を掛けたのが昨日のことのように思い出され、感傷にひたってしまいました。
父子像が置かれている広場には大きな巻き上げ機が展示されて、この機械で石炭の巻き上げを行っていたのかなーと感心しながら、もう動くことのない機械に「ご苦労様でした」と声をかけてきました。
時代は移り、今は化石燃料による地球の温暖化が大きな問題になり、自然エネルギーの活用が叫ばれています。
自然に優しく、地球に優しく、人と自然が共に発展して行く世界が一日も早く実現するように祈りながら、この父子像に手を振りました。
文・写真:城戸 恒雄12月3日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151