日替わりコラム
池島に行きました。(4)
池島に行きました。(4)
11月26日の続きです。
長崎市外海町池島の池島炭鉱第二立て坑で父子像を見、同じ立て坑前の慈海像(通称女神像)の前を通り旧炭鉱住宅街を走っていると、日章旗とどこかの国旗が翻っていました。よく見るとそれはインドネシアの国旗でした。
「なぜ?」ど思いましたが前日テレビでインドネシアから池島に鉱山技術の研修に来ている人達がいると云うことを報道していたのを思い出し、「アーあのことか」と納得しました。
そのインドネシアの人達の子供達が池島小学校で池島の子供達と一緒に勉強していて、運動会にも主役となって活躍していると云うことを聞きました。
そのインドネシアの子供達も来年父親の鉱山技術研修終了とともにインドネシアへ帰国するということです。
この池島小学校で共に学んだ子供達は日本とインドネシア両国の平和と友好に大いに活躍してくれることでしょうね。
インドネシアの子供達が流暢な日本語を話しているのを見て嬉しくなりました。
そして日本の子供達が何の分け隔てなく友達として接して、笑って遊んでいるのを見て本当に嬉しくなりました。
国の境を越えて手を取り合って共に栄えていく未来がこの子供達から見えてくるようですね。
私達大人も勝手に引かれた国の境などにとらわれず、人と人・神の子同士として仲良く明るく接して、人類光明化に尽くしていきたいものと思います。
上は女神像・下は日本とインドネシアの国旗と池島小学校中学校です。
文・写真:城戸 恒雄12月10日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151