日替わりコラム
キセキレイ
 先日、奥津城参拝撮影の後、車で降りていると目の前を追いかけっこするように飛ぶ鳥がいました。最初、地面にいて、車が近づくとチョンチョンと数メートル前に飛びます。そしてまた近づくと又数メートル飛ぶという感じで、鬼ごっこを楽しんでいるような感じでした。なんか道案内をしてくれているようで車の中からカメラを取り出して撮影しました。急だったので少しぼけて小さくなってしまいました。ちょっと残念です。鳥博士(?)の林講師に聞くと名前は「キセキレイ」とのことでした。このキセキレイには、このように道案内のようなことをする習性があるようで、インターネット上にもいくつか報告されていました。いずれにしても愛らしい姿と可愛い鳴き声なので、目の前を飛んでくれると楽しくなりますね。
 最後には、木の枝に飛び移り、「チッチッチ」と鳴きながらこちらを見送ってくれていました。こうした小鳥の姿や鳴き声が自然豊かな総本山では四季を通して楽しむことができます。

 話は変わりますが、インターネットの産経新聞には、オーストラリア国立大などの研究チームが、地球温暖化の影響で同国に生息する鳥が過去1世紀の間に小形化しているとのことについて記事が載せられていました。温度上昇へ対応するためには小型の方が都合が良いとか。さらに記事では、このまま温度上昇が続けば小型化の限界を迎え絶滅する可能性もあるとのこと。

 境内地の鳥たちが、このまま今後とも四季の楽しみを我々に与えてもらえるかどうかは、我々自身が地球に負荷をかけない生活に変えることができるかにかかっていると言えます。
文・写真:錦織 義記12月16日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151