日替わりコラム
新生への期待
本年も残すところあと5日となりました。

境内地を一歩外に出ると車の交通量も増え、世間は慌ただしい空気です。ここ西彼町が面する大村湾では、日本一柔らかくて美味しい“なまこ”(地元の人の弁)がとれます。お正月を前に、いま直売所やスーパーに沢山出回っています。普段はあまり売っていない数の子や冷凍の蟹なども沢山見かけるようになりました。

総本山では新春練成会が12月31日から1月3日まで開催されますので、お正月といってものんびり気分にはなりませんが、私は数日前にお屠蘇とお酒を用意しました。更に「玄関や車のお正月飾りも用意しなければ‥、その前に洗車して‥etc.」などと考えてしまいます。忙しいのに、何か嬉しくて前向きになれるのは、新年に向けた期待が人々を活気づけるからでしょうか。

今年は足を怪我するなど、とても不自由な思いもしましたので、大晦日まで元気で働きながら一年を締めくくることができそうで、ひときわ感謝の思いが湧き起こります。

さて、昨日は久し振りに晴天に恵まれました。総本山では寒さが増すとともに、厳かで神聖な雰囲気が深まっていくような気がします。爽やかな青空のもと、残り少なくなった秋の実りを求めて、木々の梢を飛び交う様々な野鳥の声がひときわ大きく響き渡っていました。

そのような中、餅つきの準備が整い、新春用の提灯も取り付けられ、また大晦大祓の浄化場も設けられました。境内地のあちこちに、看板やテントも設置されています。明日は、餅つきとお正月のかがり火用の薪割りが行われます。ありがたいことに、週間天気予報によりますと元旦にはお日様マークがついていました。

どうぞ皆様、初詣は生長の家総本山へ、そして新春練成会にも是非お越し下さいませ。
文・写真:林 光子12月27日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151