日替わりコラム
炭焼きです。
今日は快晴です。写真の階段を登ると総本山の炭窯があります。HPのトップにあったように昨日から炭焼きを行っています。火入れは25日の9:38にしました。今も火の加減をしながら薪をくべています。だいたい3,4日間は焚き口から熱風を送り、窯の中をあたためて乾燥させていきます。この間は交代で夜通し作業が行われます。乾燥が進み、煙突から計る温度が80度になったら焚き口からの火を無くして、空気孔のみにします。この頃には炭材は自ら燃えだします。煙突からの煙もどんどん温度を上げさらに3,4日後には、煙の温度が200度を超えて完全密閉します。此処まで長い時は9日間、早くて7日間かかります。この期間細やかに行う「垂らし」という作業があります。上村講師が作業しているように(写真3枚目)水でドロドロに溶いた赤土を藁製のハケ(手作り)で炭材搬入口、煙突周り、空気孔を作ってからは焚き口と、赤土の粘土で止めた所にペタペタ、ペタペタと塗ってゆきます。ひび割れの修復等に塗り込んでゆくのですが、これを上手に塗るのは中々難しい、慣れた私達でも10回に1回頭に顔に跳ね返ってきます。初めての時は全身ドロドロになりました(笑) 現在(26日11:30)の温度は16度です。9度から始まって25時間… 今回は中々温度があがりませんね。気温等の条件でこの辺の温度変化はまちまちです。今回もいい炭が焼けるようにみんな頑張っています。
文・写真:吉田 憲司1月26日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151