日替わりコラム
椎茸収穫 (*^_^*)
合掌 毎年2月の一般練成会と献労練成会の献労では環境保全活動の一環として楢の木の間伐を行います。そして3月の献労練成会でその楢の木に椎茸の駒菌を打ち込みます。
間伐した楢の木を1bの長さに切ったら椎茸の原木となり、駒菌を打ち込んだらホダ木という名前に変わります。楢の木は一度駒菌を打ち込むと5年間は収穫が出来るのでホダ場には5年間分のホダ木があり、今は収穫の最盛期(^_^)vです。沢山の椎茸がホダ木から顔を出しています。柔らかい椎茸の頭は固い楢の木の皮を押し広げて出ています。椎茸の生命の催しのままに自然に、静かに生命を拡大させるとき固い皮も難なく押し広げて見事な椎茸になるのですね。

もし昔の私が椎茸だったらこの固い皮に文句を言いながらがむしゃらにそれでいて一所懸命に頑張って悲劇の主人公を演じてゆがんだ椎茸になっていたと思います。
今は生長の家のみ教えにご縁を頂き、振り返れば私にのし掛かっていた堅い皮(家庭の不調和)はすべてが私の心の現れであったことが分かります。私にとって固い皮(家庭の不調和)があったればこそ今は柔らかく美味しい(?)椎茸になれました(*^_^*)

3月の献労練成会では椎茸の駒菌打ちを予定しています。練成会にご参加下さいまして椎茸の駒菌打ちや椎茸の収穫を経験してみて下さいませ。
皆様のご参加を楽しみにお待ちしています。
文・写真:上村 アリ子2月27日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151