日替わりコラム
至るところ春です
生長の家総本山第353回龍宮住吉本宮練成会が最終日を迎えました。引き続き、夕方からは第325回境内地献労練成会が始まります。10日間通しでの連続参加が多いので、張り切って練成会に臨ませて頂きます。

ところで、今回の練成会では献労をしても汗が吹き出すように暖かくなりました。梅は花吹雪となって境内地を彩り、一方で奥津城の陽光桜、家族寮近くの彼岸桜、金龍湖の枝垂れ桜などの早咲の桜が花をつけています。そのほかの花も様々に美しく咲いていて美しいです。至る所、春ですね。

昨日は、龍宮住吉霊宮の近くで、七つの燈台の下の谷からウグイスが呼びかけ合う様に鳴いていました。ウグイスは、長崎のこの近くでは別名ヤブススメとも呼ばれてもいるようです。寒い時期、吾が家のベランダ下の藪で「チェッ、チェッ」と鳴いては、木の枝に刺した蜜柑を食べに来てました。その鳴き声は本当にスズメのようでした。

それが、昨日は「ホーホケキョ、ケキョ」と美声が聞こえました。それに応える様に向かいの谷からも「ケキョ、ケキョ」というまだ練習中の様な未熟な鳴き声が‥。こうやってウグイスは、新米の雄にベテランの雄が、手ほどきをするのだと聞いたことがあります。鳴き声の美しさも、繁殖の成否に大きく影響するようですから、鳥たちも下手は下手なりに一所懸命のようです。それにしても、うまく鳴けないと打ちひしがれている元気のない鳥はいまだ見たことがないですから、自然は落ち込む暇もないほどに厳しい面もあると言うことでしょうか。

先日、総本山の近くにあるバイオパークに行ってきました。元気で可愛い動物たちをカメラに納めてきましたのでここに載せさせて頂きます。
文・写真:林 光子3月7日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151