日替わりコラム
マリーゴールドの芽が出ました(*^_^*)
合掌 春夏の花と野菜の種を2月28日に蒔きました。花はマリーゴールド、野菜はキューリ、ナス、トマト、ピーマン、オクラ、カボチャを蒔きました。今年の2月はとても暖かい日が続きました。顕斎殿のしだれ桜や奥津城の陽光(桜)も満開です。でも、3月に入ってからは寒い日が続いています。その中で3月6日にはマリーゴールドの芽が出ました。野菜の種はまだ芽が見えません。
小さな野菜の種たちはこの気候の変化に戸惑っているかも(?_?)ですね。(^-^)

種まき準備として2月16日に土焼きを行いました。土が焦げないように混ぜながら全体の土が85度以上になるまで暖めます。85度以上になると草の種や雑菌が焼けて土の殺菌が出来ます。
その焼き土は花や野菜の種を蒔いたり、本葉が出た苗をポットに植え替えるときに使います。
写真は3月9日に撮りましたマリーゴールドの双葉です。マリーゴールドの種は1pくらいの細長い種です。きれいに一列に並べたので発芽したときは1p間隔で出てきていました。

今、大鳥居から入って最初にある細長い花壇(通称6号花壇)や藤棚の家の花壇ではパンジーが花盛りです。丸花壇には純白のきれいなノースポールの花が咲いています。この花苗は昨年の11月2日の一般練成会での献労で定植しました。パンジーもノースポールは冬の花です。今は冬の花が花盛りでも、今のうちに春夏の花の種を蒔いて準備をする。「取り越し苦労」ではなく必要に応じて準備する。マリーゴールドが花を付け花壇に植え替える頃は今花盛りのパンジーもノースポールも役目を果たしてホッとすることでしょう(^_^)v ね。
文・写真:上村 アリ子3月13日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151