日替わりコラム
さくら サクラ 咲く桜
3月に入ってもう2週間が過ぎましたね。今月から本欄では境内地の桜の画像が多く紹介されています。総本山の境内地には様々な桜の種類があり、順々に咲いてゆくのでとても楽しく美しくありがたいです。早く咲くのは、お彼岸の頃に咲く彼岸桜♂恍テ城に向かう道に点々と植えてあります。それから金龍湖周りにある枝垂れ桜≠サして奥津城に周りにある陽光≠ナす 。本欄で昨日まで紹介された桜はこの三種でした。今日は新たに、社務所裏の川岸にある大島桜=i写真一枚目)が咲き始めたので、撮りました。染井吉野≠フ母種で、桜餅に使われる葉はこの種類のものです。そして、染井吉野も少しずつ咲き始めました。(写真二枚目)開花宣言に使われるこの種は日本の桜の約八割をしめるとか… これから境内地においても沢山あるこの種が一斉に咲き誇る事でしょう。練成会参加の方に送るハガキに今回は桜を書かせていただきました。送り先のご家族は、毎月のように練成会に参加され、娘さん二人は丁度高校と大学の受験、ご主人は再就職に向けて邁進中でいらっしゃいます。超氷河期といわれる中での就職活動はとても大変で、一人の募集に六十人以上の応募があることも… そんなときは落ち込むこともあるけれども、総本山に来ると気持ちも平和となり、自信と安心を得られると笑顔でお話し下さいました。それぞれの桜咲く≠心からお祈りいたします。
文・写真:吉田 憲司3月16日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151