日替わりコラム
団参です(^o^)
合掌 19日から団体参拝練成会(通称・団参)が行われています。
今日の午後は献労です。花山のツツジの中の草刈りと霊宮周囲の草取りを予定しています。
午前中は小雨が降ったり止んだりしていますので献労現場も変わるかも知れません(^_^;)。

総本山の境内地は今とてもきれいですよ。枝垂れ桜は終わりつつありますが、ソメイヨシノが咲き始め、山桜が山の中で綿菓子のように淡いピンクで咲いています。桜は例年より10日以上は早く咲いたと植木屋さんが言って居られました。

私も団参にご参加されます皆様をお迎えするのにきれいな花壇をお見せしようとパンジーの枯れた花を摘みました。
昨年までのパンジーの枯れ花摘みは枯れた花や、枯れた後に種を付けているのを取っていました。花苗は種を付けると種に栄養を送り子孫を残したら役目を終わりと思うのか花が咲かなくなってきます。だから、枯れた花は心がけて種が出来る前に取っていました。
でも、今年の枯れ花摘みは違います。3月に入って10日までは寒い日が続きましたが、10日過ぎてからは一日おきに小雨が降りました。花は枯れているのではなく痛んでいます。たぶん雨の影響だと思います。
今までは雪が降ると車がとても汚れていましたが雨の時には流れるので気がつきませんでした。空気が汚れていて、その汚れが雨のしずくになり花にくっついて悪影響になっているのではないかと思います。
もしそうならば、「このまま空気が汚れると私のひ孫やまた私が生まれ変わった頃には、マスクをしないと外を歩けなかったり、雨の日には外出禁止になったりするのではないか」とか、「空気汚染の影響をこんな小さな花たちは黙って受けて我が身を汚して私たちに教えているのではないか」とか、そんなことを思いながら寂しい気持ちになりました。
でも、だから今、生長の家の御教えの運動方針が環境に対して進んでいることを私は誇りに思いました。私の子孫にまた自分が生まれ変わったときにこの美しい地球にそして日本に生まれたいです。それには今できるエコ活動をしっかり進めていくことを改めて思わせていただきました。
文・写真:上村 アリ子3月20日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151