日替わりコラム
巣立ちました。
ある日妻が「こんなものを見つけたよ」と言って小さな鳥の巣を持ってきました。
それは春から夏にかけて子育てに励み、巣立ったあとのものでした。
この巣で親鳥が一所懸命子育てに励んだのでしょうね。
親鳥はこの巣で卵を産み、餌を運び、翼の下に雛を護り、外敵には命を賭して立ち向かい、子育てに自分の全てを注いだのでしょうね。
雛はまた親鳥の愛を全身に受け、ただ信頼して親鳥に全てを任していたのでしょうね。
想像するだけで心暖まる感じがします。
そして巣立ちの時を迎えました。
若鳥は力一杯羽ばたいて大空へ飛んで行ったのでしょうね。
親鳥はどんな気持ちで見送ったのでしょうか?
今季節は春弥生・進学卒業のシーズンですね。
新しく社会人となった若人が世間の海に漕ぎ出す時季を迎えました。
送り出す親御さんは心配でしょうね。
でも、お子さんの力を信頼して見守りましょう。
きっと親の期待以上の力を発揮して、素晴らしい社会人になってくれますよ。
神様は無限の力を与えて下さっていますからね。
若人よ「頑張れ!」
巣立って行った若鳥のように。
文・写真:城戸 恒雄3月25日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151