日替わりコラム
長期生
 現在総本山には二人の長期生がいます。4月14日の午前中に1時間、長期生の講話を担当をさせて頂きました。二人ともとても熱心で眼が輝いていました。長い人生の中で総本山で長期生として生活出来るこの機会を大切にしてほしいと思いました。今しか経験出来ないことが沢山あります、今しか学べないことが沢山あります。あとで「もっとこうすれば良かった」と後悔する事のないように、毎日を大切に生きてほしいと思いつつ長期生に話しをしながら、私も"今"この時を、一日ゝを大切にして生きようと思いました。

『生命の実相第7巻』の59頁には次のように書かれています
われわれが「今」を十分に生き、完全に生き得たという自覚ほど自己にとって喜ばしい感じはほかにないであろう。それは「生長の歓喜」であり「生命の賛歌」である。かかる歓びのうちにこそ「生命」は生長してゆく。しかしかくのごとき歓びは、今与えられている生命を、能力を、今の瞬間に集中して利用した者のみの味わいうる歓びであって、今をナマケている者の到底味わいえない歓びであるのだ。

 以前ブログにも書きましたが、『使命邁進の神示』 に書かれているように、「自分がどの位愛したか自分がどんな仕事をしたか」を考えつつ"今"を大切に生きようと、改めて思わせて頂きました。
文・写真:村上 満代4月16日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151